04:06
녹화
問屋場 問屋場では幕府御用の書状や品物を次の宿場に届ける飛脚業務も行われた。これは継飛脚(つぎびきゃく)と言われる。大名行列の出迎えも行った。 > 3 3
03:27
녹화
大垣宿本陣 大垣城下は中山道と東海道をつなぐ美濃路の宿場町「大垣宿」が栄えた。本陣や脇本陣、問屋場、旅籠屋、商家などが軒を連ね、活気に溢れた。中山道を通り江戸に向かった朝鮮通信使も宿泊した。 > 3 3
06:31
녹화
大垣まつり 日本国際ポスター美術館は「大垣まつり」をアートポスターで表現してきました。OKBストリートには灯りオブジェを使用したポスターを展示。本美濃和紙にシルクスクリーン印刷で印刷しました > 6 3
02:50
녹화
ドラえもんが老舗旅館に宿泊します インターネットがなければ、このような旅館を見つけることも予約することもできませんでした。 > 4 4
07:47
녹화
美登鯉橋 裏側から滝を観ることができる。激しい水の音を感じる。 > 3 3
12:03
녹화
一家に遊女も寝たり萩と月 遊女は新潟から伊勢に詣でるとのことで、「旅の道連れにしてくれないか」と頼まれたという。庭には萩の花が咲き、月も照らしている。 > 4 3
12:11
녹화
水門川 蝉の声が響いているならば五月蠅いとなるところだが、そこを静寂と表現するところが非凡である。しかし、これを心の持ちようという類の昭和の精神論根性論で解釈してはならない。 > 6 4
19:08
녹화
ミニ奥の細道 松尾芭蕉は元禄2年3月27日(1689年5月16日)に「おくのほそ道」の旅に出た。見送りの人々と一緒に深川から船に乗り、隅田川をさかのぼり千住に上陸し、見送りの人々と別れた。 > 6 3
06:43
녹화
アクアウォーク大垣 石壁には大垣市赤坂町の金生山(かなぶやま)から採れた化石が使用されており、ウミユリやフリズナなどの化石が入っています。金生山は古生代ペルム紀の赤坂石灰岩で構成されています。 > 3 4